すがや、アドレス張を失う

晴れて貧乏生活に突入した菅谷(参考)。

来たる貧乏ライフに備えて早速通信料を見直し。善は急げと、2年間連れ添ったiPhone 4sに別れを告げ、電話はガラケー・メールやウェブの閲覧などはSIMフリータブレットのNexus 7という二刀流に変更した。

ソフトバンクのガラケー103P、特徴はとりあえずものすごく軽い! それ以外は典型的なガラケー

ソフトバンクのガラケー103P、特徴はとりあえずものすごく軽い! それ以外は典型的なガラケー、THE ガラケー

久しぶりに手にするガラケーに懐かしさを感じていたところ問題が発生!

なんと、iPhoneからガラケーにはアドレス帳を移行できないらしい。

ソフトバンクショップのお姉さんに確認したところ、

ガラケー→iPhoneはアドレス張の移行ができるけど、iPhone→ガラケーは無理、ダメ絶対!とのこと。「一度私とくっついたらもう離れたくても離れられないのよ、うふふ」とアップルの怨念の声が聞こえる。

長年連れ添ってきたiPhone(アドレス張あり)と、これから一緒に生活を始めようと思っているガラケー(アドレス張なし)。

iPhone(アドレス張あり)「あなたは私がいないと駄目なのよ。あいつ(ガラケー)はあなたのことを何にもしらないわ」
ガラケー(アドレス張なし)「わだすはiPhoneさんと比べて器量が悪いかもしれないです。でもいいどころもいっぱいあるんです。バッテリーも長持ちです」

菅谷は決意した。

これまでのことは忘れて、ゼロからこいつ(ガラケー)とやっていこう

僕は、約10年間連れ添ったアドレス帳に別れを告げることにした。
多分探せば何かしら移行できる方法があるのだろうけど、なんだか面倒くさい。
かかってきた電話に出て、電話をかけたいときはタブレットに入れたアドレス張をみてかける。

それで十分に対応できるのではないかと思った。

と、菅谷がアドレス帳を失ってから、かれこれ約2週間が経った。

僕は現在、

1電話がかかってきた人の電話番号を登録
2かけるときには過去のアドレス帳から探して電話、電話後に番号を登録

という方法で新しいアドレス帳の作成を始めている。

その2週間の結果を公表すると、

  • アドレス帳 総数30件
  • かかってきた人(建物・団体)の登録 16件
  • かけた人(建物・団体)の登録 14件

となっている。この辺は、まぁ無難な感じなのだけれども、その内訳をみると、驚くべき事態が発生している!

僕の現在のアドレス張の中身は

  • 男性 20人
  • 女性 6人
  • 建物(団体) 4つ

と非常に男くさい。
僕の周りが男ばかり、男臭ムンムンマシマシだということが如実に示される数値が出てしまった。

ちなみに、iPhoneに入っていたアドレス張の全件数を見てみると564件あった。
これは、僕が高校1年生で始めて携帯電話を手にしてから蓄積され続けた数だ。

564という数字はそれなりに膨大で、僕が育った信号が2つくらいしかない青森県のド田舎の中学校(現在は廃校)の全校生徒の約3倍以上の数である。

しかし、この564件の内、2週間で電話でお話をしたのは30件。
残りの534件に電話をかけることもなかったし、かかってくることもなかった。そして、今後この生活が続いたとしても、いつまでも新しいアドレス張に登録されないという人もかなりの数でいるはずだ。

そうだとすると、僕のiPhoneの564件のアドレス張はある部分においては、誰ともつながっていないただのデータでしかないのではないかと思ってしまう。

今はわざわざ電話やメールをしなくても、SNSで大抵の人の近況を確認できるし、LINEがあればアドレス張がなくても連絡できる人も多い。しかし、SNSで本当に近況が気になる人、「この人の情報が知りたいだ!」という人は非常に限られる。LINEもたくさんの連絡先が知らず知らずのうちに増えていくけれど、連絡をとるのはほんの一握りだ。場合によっては、SNSの文字の多くは一瞬で通り過ぎて気が向いたら「いいね!」を押す文字列でしかないし、LINEの友達もiPhoneのアドレス張もそこにあるだけならただのデータだ。

昔、携帯持ちたての頃はアドレス張に人が増えることで世界が広がるようでワクワクした。
でも逆に今はすっきりしたアドレス張に清清しさを感じるし、電話がかかってくるたびに、「誰だろう!」と心を弾ませることができる(上述の通り、ほとんどの電話が男なので、渋かったり、低音が利いている男声が耳に届けられるのだけど)。

軽めの刺激がほしいぜ、うおおおという方には、アドレス張新作成はちょぴっだけおススメできるかもしれない。

以上、ガラケー戦士 菅谷でした(*^。^*)

(ちなみに、電話はガラケー、データ通信はその他端末という方法は本当にガチで節約的です。菅谷は、この方法で月約1万円だった月の通信費を3分の1ほどに抑えられそうです。この話はまたの機会にでも。あるいは電話して聞いてください笑)

菅谷圭祐 について

菅谷です、三十路です。 連絡先 09075254766 sugayakeisuke@gmail.com
カテゴリー: 生存報告 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中