すがや、警察署に行く

お久しぶりです、菅谷です。

この前に生存報告を書いたのが2月28日ということで、約2ヶ月間も放置してしまいました。生存報告はしばらく途切れていましたが、実はまだしぶとく生きています。
この間、このページの存在を忘れたわけではなく、むしろ何個か記事は書いていました。が、しかし、諸般の事情により、「これは公開したらまずいな」と見送っていたところ、こんなに時間が経ってしまいました(そう考えると、僕の周りには記事にしない方がいいことで溢れかえっているような気もします)。

もしかしたら世界のどこかにいるかもしれない菅谷の生存が気になっている人がいたら、お待たせして申し訳ありませんm(_ _)m

 

で、今回何を書こうかというと、先日警察署に逮捕・勾留されているある方の面会に行く機会があり、そのときのことについて少し記そうかと思います。

僕の身の回りでは、割と頻繁に人が逮捕されます。
しかし、大半がいわゆる政治犯にあたるため弁護士以外との面会が不可となる接見禁止という措置を敷かれます。そのため、他の人と比べて逮捕と縁が深い(?)菅谷ですが、面会自体は人生初の経験でした。

警察署に勾留されている人と面会するためには、当然ながら警察署へ出向く必要があります。しかし、警察署というのは、主要な駅から離れた場所に設置されていることが少なくありません。私が今回行ったところは、最寄り駅からでも15分ほど歩かなければいけない場所にありました。

警察署についたら、すぐに会えるというわけではなく事務手続きが必要になります。
面会したい旨を担当に伝え、用紙に名前・住所等を記入。そして捺印、ハンコがない場合は拇印しなければなりません。よく勘違いされやすい点として、警察に留置されている人というのは、その時点では「容疑者」であり「犯罪者」ではありません。しかし、ときに友人・恋人・家族であるかもしれない容疑者に会うためには、自分の身分を警察に明かさなければいけません。これは多くに人にとって、あまり気持ちのいいことではないと思います。

と、ここまでやってやっと面会に辿りつけます。
これまでにかかった時間は約2時間。しかし、面会には時間制限が設けられており、警察署によって異なるものの1回につき15分から20分しか話すことができません。私の行ったところでは、面会のスタートと同時にセットされた時間が減っていき、定期的に残り時間を告げる音が面会室内に響き渡りました。また、面会においては、警察の留置係が立ち会い、常に他者の視線を意識せざるをえない状況で行われます。

このように私たちと、警察署に留置されている人間の間には、手続き、視線、時間などのいくつかの壁が用意されています。容疑者という段階ですら、これだけの壁が作られ、外部との接触を持つことが困難な状態にあります(また、警察の留置所に長期間入れられる状態がそもそも異常だという指摘もあります 参考)。

 

そして、今回このことを生存報告として書こうと思ったきっかけが、私たちと留置されている人を物理的に分ける壁の存在です。ドラマなどで見たことがある人もいると思いますが、面会室には透明なガラス上の壁があり、容疑者と外部を明確に分けます。この壁の存在により、同じ空間にいるのに私たちと容疑者(友人や家族)が交換できるものは声だけになります。また、その声の交換すらも警察官の監視の下でしか許されません。

私は、この状況を実際に自分の目で見て、この国はこうやって成り立っているのだなと改めて認識しました。社会の常識から外れたもの、歯向かうものは、手段を尽くして見えにくく、聞こえにくく、交流しにくくしていく。物理的な壁、システム的な壁を何重にも張り巡らせることによって、容疑者・犯罪者と国家から規定された者はより一層異常なものとして社会に認識されます。

そしてこういったさまざまな壁は社会の色々なところに張り巡らされ、人と人とを分け続けています。壁は街に、大学に、会社に、至るところにあふれているように思います。
警察署の留置所という社会の当たり前から遠く離れている(ように思われている)場所に設置された透明な壁に、何となく、何となくですが、社会を構成している冷たさを感じたような気がしました。壁の向こう側に思いを馳せつつ、今回の生存報告としたいと思います。

菅谷圭祐 について

菅谷です、三十路です。 連絡先 09075254766 sugayakeisuke@gmail.com
カテゴリー: 生存報告 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中