けいおん!!と現代社会における主体性の獲得

12月14日、ニコニコ生放送にてけいおん2期と映画けいおん!が一挙公開される。

現在、地球上で確認されている数少ないヒト科天使の平沢唯さん

現在、地球上で確認されている数少ないヒト科天使の平沢唯さん

 

僕はけいおんを愛している。
僕のけいおん!への愛はマリアナ海溝よりも深くチョモランマよりも高い。そんなけいおんへの愛であるが、この愛は僕が一人で占有して、一人だけで愛でるものではなく、もっと多くの人と、世界中の人と共有していきたいと思っている。

多分2日続けて記事を書くのは初めてで、師走で慌しい中を謎の使命感により睡眠時間を削り記事をしたためた。とにかく一人でも多くの人にけいおんが届いてほしい!! その一心である。命を削り、時間を削り、それでも断固とした意志を持って今回も微力ながらけいおんの布教活動に尽力したい。

 

前回も書き記したがけいおん2期において、終焉への回答は2つ用意されている。一つ目が成長と変化を受け入れるサザエさん時間軸から脱却ということは既に記したとおりである(記事はこちら)。

もう一つの終焉への回答、こちらはけいおん界において賛否両論分かれるものであり、またあまり語られるものではない。要はあまり重要視されているものではないが、1期で描かれた部活型努力の否定と同様に生きづらい現代社会の中において重要な示唆を含むものとなっている(1期についてはこちら)。今回はあまり語られていないもうひとつの終焉への回答について論を展開したい。

 

【現代社会における主体的な幸福の獲得】
けいおんにおける終焉への回答の2点目は、現代社会への挑戦の意味合いを多分に含んだものとなっている。

そもそも、地上で奇跡的に生存している天使たちが、何によって終焉を、別れを意識させられているかというと高校を卒業するということが根源にある。彼女たちの将来への不安や、別れへの寂しさは全て高校卒業による空間と時間の終わりを根拠としている。

しかし、しかしである。
高校という箱とシステムは彼女たちが創造したものではない。運命的に出会った親友たちと表現活動を18歳の3月になったから終了 みんなお別れだよー残念!というのは非人道的で暴力的な所業である。国家が敷く学校という機関はこういった残酷なことを都合よく延々と繰り返しているわけである。

彼女たちは、この暴力と矛盾に苦しみ続ける。
大好きな軽音部と仲間たちともうすぐ別れないといけない、悲しい寂しいどうしよう、もっともっとみんなとバンドしたいのになぁ…と苦しさは募る一方だ。

そして苦しみ抜いた結果、彼女たちは一つの答えに到達する。
卒業したからって何で仲間と別れないといけないのか、これからも大好きな仲間たちと一緒に活動していけばいい、卒業は終わりじゃないんだ!と気づく。そして賛否両論分かれるみんな同じ大学にいくという選択をする。

 

彼女たちの答えは非常に主体性にあふれている。
僕たちは中学で、高校で、あるいは大学で、勝手に決められた期間で友情を育み、そして勝手に追い出され別の場所へと移動させられる。これは社会に出てからも一緒で、やりたくもない仕事に、行きたくもない転勤、そして何となく分相応の暮らしを「与えられる」。これらをあたかも自分で選んでいるかのように思わされる。

僕たちは物心ついてからというもの、何者かに決められたシステムを当たり前として受け入れ、それぞれの時間ごとに何となく能力や適正で割り当てられた場所で時間を過ごす。はっきり言って主体性のかけらもない。こんなものはまるで家畜と変わらない!

彼女たちは、「なんで高校を卒業したら別れないといけないの」「なんで学力に見合った大学にいかないといけないの、何でそれが幸せだと思われているの」と急進的な問いを立て、社会に対して挑戦する。将来はどうなるかわからない、仲たがいして解散するかもしれない。でも、「今」において自分たちが最も幸せだと思う答えを素直に選択する。社会にあふれる常識なんていう根拠薄弱なものには一切頼らないのである。

このように彼女たちはサザエさん時間軸を脱却し、時間は流れるし人は変化するという事を受け入れた上で、何が幸せか、どのように生きるべきかを、社会制度における暴力に屈せず、また常識という世間を蔓延する空気に流されず主体的に選択する。けいおん全編においてあまり語られることは多くないように思うが、この選択には主体的な美しさが隠されている。

大学の合格発表を見に来る1シーン。今を生きる幸せがあふれている。

大学の合格発表を見に来る1シーン。今を生きる幸せがあふれている。

 

と、ここまでの内容が21話「卒業アルバム!」で描かれている。

終焉への回答を用意したあとに、何が待っているのかというとけいおん最大の仕掛けとも言える、たった一人の後輩あずにゃんの残される者の葛藤である。けいおん!!残り3話、これはもう厚手のハンカチを用意してご鑑賞をと言うしかない愛の物語が丁寧に織り込まれている。

そんなこんなでけいおん一挙放送、まだ見たことがない方特におススメです(*^o^*)

菅谷圭祐 について

横浜の山の方でリサイクルショップやってます。不用品回収、ご相談ください。経営理念「遊ぶように働く。働くように遊ぶ」。畑はじめました、三十路はじまりました。連絡先 09075254766 sugayakeisuke@gmail.com
カテゴリー: けいおん!! タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中