すがや、決起する!

12月14日、「菅谷圭祐決起会」を開催した。

総決起! 集まってくれた皆様に感謝!!

総決起! 集まってくれた皆様に感謝!!

 

何に決起するのかというと、公職選挙法というややこしい法律があってはっきりとは言えないことになっている(らしい)。早速の出落ちで申し訳ない。
このあたりの決まり事は知れば知るほどおかしいなぁと思うのだけれど、とにもかくにも大きなアクシデントやトラブルがなければ、来年4月に久々に、大学を卒業してからは始めて、勝負をしかも大きな勝負をさせてもらえることになりそうだ。

 

決起会には、「決起したいから集まってほしい!」という一見理解しがたいお願いにも関わらず、様々な人が来てくれた。

上京したての右も左もわからない10代のころからの友人は「大学1年生のときに、彼の好きだった女の子の名前まで知っている」と、僕の人格をかなりの部分を知っている上で駆けつけてくれた。いつの間にか学生運動をするようになった中で共に戦った同志は「菅谷君は、意見の合わないこともあるが基本的には私利私欲のない人間だ。ぜひとも頑張ってもらいたい」と素直なエールを送ってくれた。りべるたんを始めてから出会ったご近所さんは「りべるたんこそ、本当のダイバーシティだ! 社会がこうなってほしい」とまさかの絶賛の声をくれた。2回くらいしか会ったことのない友達は「飲み会で仲良くなり何となく」と、素晴らしい好青年ぶりを発揮してくれた。

その他様々な面白い人たちが拙い呼びかけにも関わらず集まってくれた。
本当にただただ感謝である。

上のほうで「大きな勝負をさせてもらえる」と書いたが、ここの書き方として、「させてもらえる」ではなく、「大きな勝負をする」と自分の意志が強くでるような言い方にしようか迷った。
でも、僕が色々なことができるのは、多くの人との出会いや関係性があって、その中で生まれてきているものである。なので、ちょっと受身っぽくて語弊や誤解があるかもしれないけれど、やっぱり「させてもらえる」という書き方が適切なような気がする。こういったところを忘れないようにしたい。

 

前も少し書いた気がするけれど、決起や勝負というものが非常に苦しいものである。
これまでの人生で何度か経験したことがあり、どんな結果になろうとも、痛いし辛いし、ときには孤独になるし、通常の場合はできるだけ避けたい種類の選択になる。というか、恐らく大体の人は、上手に・ときに無意識に、痛くて辛くて孤独になることを避けているような気もする。

そのためか僕は、どんな種類であれ、社会の中で決起している人・勝負している人は立派だなと思う。世の中で叩かれたり、嫌われがちな人であっても、決起特有の辛さ苦しさの渦中の中にいるような人を見ると、「今多分、こういうこと思ってるんじゃないかなぁ」とか結構同情に近い感情で見てしまうときがある。

と、あんまり良いことがなさそうな決起であるが、それでも、自分にその番が回ってきたら、自分の能力で出来る限りのアクションを起こしたいし、少しでも僕にとって良いと思う方向へ身の回りや社会が進めるように尽力したいと思っている。色々書いたけれど、大きくはこれまでやってきたことと変わらないので、肩肘張り過ぎたり、重圧を感じ過ぎたりせずに、これまでのデモをしたり、学生部に抗議にいったり、といった延長線上の気持ちを持って臨みたい。

 

そんなこんなで来年4月までの日々を楽しく頑張りたいと思っています(*^o^*)
ちょっとずつ面白い話やワクワクする出来事を皆様に届けられればと思います。

(現在、人手を大募集中です! ちょっとでもいいので「時間あるよー」「手伝ってみたい!」という方がいましたら、sugayakeisuke@gmail.comまでご連絡くださいm(_ _)m)

菅谷圭祐 について

菅谷です、三十路です。 連絡先 09075254766 sugayakeisuke@gmail.com
カテゴリー: 生存報告 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中