すがや、演劇デビューする

1月31日、劇団ほぼ無職の公演が行なわれる。

1月31日は下北沢アークボックスへ!!

1月31日は下北沢アークボックスへ!!

 

劇団ほぼ無職とは、『「無職です」というより「劇団員です」って言うほうがほんの少しマシ』という考えがきっかけとなり作られた劇団だ。経験不問、年会費ゼロ、さらには無職でなくても参加できると、非常に敷居も低い。劇団ほぼ無職は、下北沢をカレーの街にした男であり友人の岩井ゆうき君(@MUSYOKU_FES)が主宰を努めている。

実は今回の公演に、菅谷も出演することになっている!

といっても求められているのは演技ではなくトークになる。演劇後のアフタートークに出演させていただけることになった。正直何で呼んでもらえたのかは詳しくは知らないのだが、多分僕のほぼ無職な生活と東池袋5丁目で8番目くらいには面白いトーク力が評価されたのではないかと思っている。

余談になるけれども、最近はリバ邸原宿さんのラジオにも出してもらった。時代が僕に追いついてきたのかもしれない。

余談になるけれども、最近はリバ邸原宿さんのラジオにも出してもらった。時代が僕に追いついてきたのかもしれない。

 

僕は演劇が結構好きで、大学生のときは法政大学一部演劇研究会の演劇をよく見に行っていた。劇団ほぼ無職の公演も過去に一度見に行ったことがあり、無職的な葛藤が濃密に描かれた無職心を強く揺さぶるものになっていた。

劇団ほぼ無職という名前からもしかしたらお遊び的な内容を想像するかもしれないが全くそんなことはなく、脚本も演技も「ほぼ無職」色に作りこまれていてとても面白い。見て損をしたと思うようなことは絶対にないクオリティになっていると思う。

今回の公演は「大無職峠」と「妖精ピニャコラーダ」の2本立て。噂によると劇団ほぼ無職史上、最も平均年齢が高い大人な演劇が展開されるとのこと。価格は予約あり1000円で、予約なしで1500円となっている。なお、予約は今日までのようなので、ぜひぜひお早めに(告知遅れてしまい、ごめんなさい……)。

1月31日は下北沢へ!
僕も頑張って面白いことを話せるように頑張ります!!

————————————–

公演日:2015年1月31日(土)
会場:下北沢アークボックス (住所:東京都世田谷区北沢3-25-1MTビル3F 電話:03-6804-9507)
公演の時間:
夕方の部:17時スタート(開場は16時40分)
夜の部:19時スタート(開場は18時40分)
内容:演劇「大無職峠」と「妖精ピニャコラーダ」の2本立て、プラス、一人芝居「男 成川梁 還暦の一人芝居」、アフタートーク(ゲスト:菅谷圭介※りべるたんの代表←名前の漢字が間違っていますがキニシナイ)

ご予約の方はこちら↓までお申し込み下さい。
締め切り:1月29日(木曜日)まで、当日も席に余裕があれば大丈夫です。
料金:ご予約あり1,000円、ご予約なし1,500円(どちらも1ドリンク付)
hobomushoku(a)gmail.com←(a)を@に変えてください。
ご予約の際には お名前と人数等とお越しになられるのが夕方の部か、夜の部かを明記願います。

菅谷圭祐 について

菅谷です、三十路です。 連絡先 09075254766 sugayakeisuke@gmail.com
カテゴリー: 生存報告 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中