最後にすがやについて

ついに明日から、一週間の闘いが始まります。
ここでは最後に、普段はあんまりしないのですが、自分という人間についてアピールのようなものを記して、最後の闘いに向かおうと思います。

服も本番モード。ピンクでいきます!

服も本番モード。ピンクでいきます!

 

現在の活動を始めて、他の候補者の方の政策や主張など読んだり、聞いたりする機会が多くありました。

その結果、率直に思ったことは「大体みんなが同じことを言っている」ということでした。「住みよい街づくり」「安全・安心の街づくり」「待機児童ゼロ」「高齢者支援の拡充」、どのような政治的立場である人でも概ねこのようなことを主張します。これらに独自の主張も付加されるかと思いますが、根底として志向している方向は同様のものになります。

そして、それは僕も同様のことになります。
付加される主張はありますが、「待機児童がいなくて、高齢者も安心して暮らせて、住みよい街」が良いと当然僕も思います。僕は他の方と大きくかけ離れた主張をしているわけでも、またいきなり社会のあり方を劇的に変えるような政策を展開しているということも恐らくないはずです。

では、僕は他の方と比べたときにどこがアピールポイントになるのだろうと考えました。
そして、他の方に負けないと自信を持てる点を見つけました。

僕が自信を持って言える点、それは活動の継続力です。
僕は、大学三年生のときから始まり、これまで一貫して社会の諸矛盾に対する活動を継続してきました。その活動の中では上手くいくことも、上手くいかないことも当然あります。しかし、僕はどのような状況になろうとも、微力ですが、自分に出来る活動をこれまで継続してきました。

20120803161825b54

201108061802106e4

学生時代

夏祭り

B1bVJcWCcAESJPV

 

社会を変えようと行動すると、ときに非常に苦しい局面が訪れます。
お金は減っていく一方で、多くの批判も浴び、そして社会は簡単には変わりません。良いときはもちろん楽しく、幸せな時間もありますが、苦しい局面では自分が「誰のために」「何のために」活動しているのかわからなくなるときもあります。これは、なかなか大変なことです。

しかし、私はこのような活動を微力ですが5年以上続けてきました。
そして、今後もどんなに辛く苦しいことがあろうとも続けていくことができると思います。この期間だけ政治的になっているということではありませんし、また結果がどうあれ自分にできることを今後も続けていくことには変わりありません。

活動の継続力、この点は他の方に負けない点であると言えます。

 

 

もう1点の強みであると自信を持って言えるものがあります。それは、僕の仲間たちです。

決起会にて

決起会にて

 

現在僕に賛同してくれている、助けてくれている人や団体や活動の多くは「新しくて弱い」ものと言えるのではないかと思います。これも僕の強みになります。

僕は現状においては、歴史の長い政党について概ね懐疑的な立場にあります。繊細な話なので補足を記しますと、頑張っている人はもちろん多くいると思います。しかし、その中に自分が入って何かする、ということはないであろうという態度です。

特に政治的な団体は、組織維持の重きが強くなればなるほど、当初の理念に向かっていくことが困難になります。現状の社会情勢において、多くの既存政党は組織維持の面が弱くはない状態にあるかと思います(もちろん全ての団体が組織維持に躍起になっているとは言いません)。

また、だからといって「新しいもの」「弱いもの」が必ずしもよいとは決して思いません。新しいもの、弱いものだからと言ってすぐに飛びつくようなことはしません。しかし、「新しくて弱い」に「志」が加わったときにこれから何かを変えていけるダイナミックな力を感じることが多々あります。僕は、そのダイナミックな力を相当程度信じてします。

僕一人で出来る事は決して多くありません。
しかし、「新しくて弱いけれど、志のある人・団体・活動」と今よりもさらに手を取り合って社会を変える一助となること、このことを僕は他の方よりも出来る立場にいると思います。

 

————————————————————————

 

以上、ここまで読んでくださった方ありがとうございます。
自分の良いところについて書くということはあまりない経験なので、非常に恥ずかしく思います。恥ずかしながら、一人でも多くの方が僕という人間について、少しでも理解してもらえたなら嬉しく思います。

 

最後に、僕がここまでこれたことを多くの支援してくれた皆様に感謝します。
素人の僕が、多くの手練れの方々と比べても恥ずかしくないレベルにまでたどりつく事は、僕だけでは決して不可能なことでした。

大学時代からの友人、豊島区で出会った仲間たち、シェアハウス関連で知りあった方々、この間の活動で出会った皆様、そして僕のことを支えてくれる全ての方に深く感謝しています。

一週間後に改めて喜びのお礼の挨拶ができるように、最後まで共に頑張りましょう!

菅谷圭祐 について

横浜の山の方でリサイクルショップやってます。不用品回収、ご相談ください。経営理念「遊ぶように働く。働くように遊ぶ」。畑はじめました、三十路はじまりました。連絡先 09075254766 sugayakeisuke@gmail.com
カテゴリー: 全力報告 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中